乾燥肌のための「洗顔方法」と「スキンケア」

乾燥肌のための「洗顔方法」と「スキンケア」

乾燥肌に悩んでいる人は、美容クリームや保湿効果にばかり注目しがちです。
でもまず、「乾燥になりやすい」洗顔をしていないか見直してみましょう。

・ゴシゴシ洗わない
・熱いお湯を使わない
・ダブル洗顔をしすぎない
・すすぎは何度も優しく行う
・ゴワついたタオルで拭かない
・1日に何度も洗顔しすぎない

上記にあげたように、肌に刺激を与えないような工夫が大切になります。洗顔では「さっぱりした」感覚が欲しくなりますから、ついつい力をいれてゴシゴシ洗ったり、熱いお湯で洗い流そうとしてしまいます。
しかし必要以上に油分や油脂をとりのぞくような洗顔をすると、肌の水分量が保持できなくなってしまいます。
また意外に多いのが、洗顔じたいはきちんとしているのに、その後はゴワついたタオルで顔をゴシゴシ拭いてしまうこと。これもまた強い刺激がありますから肌によくないですね。

きちんとした洗顔をし、優しくタオルで包み込むように水分を拭き取る。そしてその後にたっぷりと化粧水で水分補給をしましょう。その後のケアについては化粧水の機能によって変わります。

特に目の周りのように皮膚が薄い部分は刺激によりメラニン色素が過剰生成されます。この過剰生成されたメラニン色素は、目の下だけ浮き上がって見えてしまうため、茶クマとして濁ったくすみを発症させます。

クマが取れないという人の場合、この洗顔で自らクマを作り出している可能性があることに気づかないといけません。ただ女性の洗顔は長年の習慣があるため、この原因について納得できていない人が多いのが現状のようです(参照:http://茶クマ.com/)。

 
ブースター的なものがあったほうが化粧水の成分が浸透しやすくなるのであれば使用したほうがいいでしょうし、とろみ感の強いオールインワンタイプならそれ1本でもすみますね。
いずれにしても、
・正しい洗顔
・継続したスキンケア
が、乾燥肌を防ぐ基本といえるでしょう。

―概要―
乾燥肌の改善では洗顔方法も大切。化粧水での水分補給だけでなく、水分を失いすぎない洗顔をしましょう。