「無添加」「オーガニック」だから安心というわけではない化粧水選び

「無添加」「オーガニック」だから安心というわけではない化粧水選び

乾燥肌の人のためのスキンケア製品選びのコツは、
・アルコールが入っていない
・香料や着色料が使用されていない
つまり、刺激分が少しでも少ないものを選びましょう。
オーガニック化粧品などは心配が少なくなりますが、ただナチュラル系の化粧水でも成分配合をきちんと確認する必要があります。中には「オーガニック」といった名前だけつけているような悪質なものがないわけではないので、チェックは必要です。

・無添加
・敏感肌用
・低刺激
・オーガニック

こういった肌トラブルのある人に向けた言葉がポイントなのですが、ただそうした「化粧品名」がついているから安心ではない、という認識は必要です。
例えば「敏感肌」用とされていても、「敏感肌」と書いてあっても法的に「これとこれを入れないと敏感肌用とはいえない」といったような決まりがあるわけではないのです。「無添加」というのは、薬事法によって義務づけられている指定成分(例えば暴防腐剤のようなもの)が入っていないので「無添加」なのですが、敏感肌の人は指定成分以外のものでも反応することがありますから必ずしも無添加だから「絶対に安心」というわけでもないんですね。

結局、乾燥肌でトラブルに悩まされている人が化粧水選びで見ただけで「これなら絶対に大丈夫」というものはないんです。

・敏感肌用、無添加など肌トラブルのある人でも良さそうなものをえらぶ

のが基本ですが、それに加えて必ずパッチテストをしたり、試供品やサンプルを貰って試しに使ってみましょう。最初は手のひらなど目立たないところで試してみるといいですね。

―概要―
「無添加」「敏感肌用」でも絶対に安心というわけではない。化粧水選びは慎重になりましょう。